リハビリ


「リハビリをしてこうなりたいなど希望や目標はありますか?」「どうしてリハビリを始めようと思いましたか?」 と初めての訪問の時にお聞きしています。
答えはまちまちですが、「病院で言われたから」とか「何となく」と言う曖昧な答えが多く、また「もういい。元気にならなくてもいい」等の答えも良く聞かれます。

入院や体調不良で身体だけではなく、心も病気になっているのかなと思われることが多いです。

しかし、数回後の訪問では「◯歳までは生きたい」「散歩に行きたい」等の希望を言われることが多くなる印象があります。

退院後や体調不良後の不安で希望が持てない時から寄り添い、少しずつ体力やできることが増えることで笑顔が見られるようになったり、希望や目標を考えることができるようになってくると、とても嬉しく思いますし、身体も元気になっていくかなと思えるバロメーターになります。

「病は気から」とは言われますが、本当にその通りで、体と心は密接に関係しているのだなと思います。

理学療法士 宮園