平成→新元号


来年5月1日に平成から新元号に時代が変わります。思えば昭和から平成に変わったあの日、私は看護学生1年生でした。まだ、看護の道に足を踏み入れたばかりで、看護の『か』の字も正直わかっていませんでした。あの学生時代から今現在も含め、本当に多くの患者さんやご家族と出会い、別れを経験しました。
今でも目を閉じればその時の笑顔や会話が思い出されます。
「あなたの顔を見ると元気が出るわ」と言われますが、そんなことないんです。
私こそ、患者さんやご家族からの言葉や笑顔で元気を頂いているんです。
平成時代の30年、多くの方々のおかげで看護師という仕事を続けることが出来たと思っています。
新年号になっても患者さんとの関わりや出会いを大切に、看護師としても人間としても益々成長したいと思います。

看護師 近藤