作業療法士


リハビリには3種類の療法士がいます。作業療法士、理学療法士、言語聴覚士です

その中で作業療法士の「作業」とは人の日常生活に関わる全ての諸活動のことです。
作業療法士は基本的な運動能力から社会の中で適応する能力まで3つの能力を維持・改善し「その人らしい」生活の獲得を目指していきます

1.基本的動作能力…運動や感覚、精神・認知機能
2.応用的動作能力…食事、トイレ、家事など日常で必要となる活動
3.社会的適応能力…地域活動への参加など

訪問リハビリを通し「出来なくなったこと」に苦悩されていた方が再び「出来るようになったこと」を増やしていき、少しでもその人らしい生活が送れるように作業療法士として寄り添えることはとても幸せです。

作業療法士 土屋 利枝