同僚から学んだこと


私たち訪問看護師は基本的に1人で訪問し、あらゆる場面において自分で判断し対応することが求められます。それゆえに大変なやりがいを感じながらも、様々なことで思い悩みつまずきます。自分なりに経験を積んできたつもりでもまだまだ学ぶべきことがたくさんあります。

先日、私自身の看護スキルやコミュニケーション能力の確認と、他のスタッフの技術や対応を勉強するための同行訪問をする機会がありました。
同行したスタッフの行う看護の様子は、終始患者さんがリラックスして不安なく援助を受けているもので、見習うべきことが多々ありました。
そのとき、同僚から学んだことは「そうですね」など相手を否定することなく共感する言葉を多く使っていること、自然と打ち解けリラックスできる親和的な態度をとること、小さなことにも気がついて行動していること。これらのことが特に印象に残りました。
人の行動を見ることで、自分の行動も客観的に見直すよい機会となりました。

この学びを活かして、日々スキルアップを心がけたいと思います。
そして、患者さんやご家族に少しでも安心していただける看護ができればと考えています。

看護師 川端