歯科検診


見覚えある字で宛名が書かれたハガキがポストに入っていました。

それは約半年前に自分で自宅の住所を書いた歯科医からの定期検診を促すハガキでした。子どもの頃は、歯科検診が年に1回ありますが、社会に出てからはどうでしょうか?痛みがでるなど何かしらの症状がない限りなかなか受診するケースは少ないのではないでしょうか。「痛みがでてきた」という場合、虫歯・歯周病でもかなりの進行がみられ、処置にも手間がかかり、歯の寿命を縮めることにも繋がります。
定期検診の目的は、歯の健康維持と早期治療です。歯が残り少なくなった方は、これ以上歯の本数が減らないように、歯のクリーニングや入れ歯の調整によって、しっかり噛むことができ、残り少ない歯を維持していくことができます。食べられない状況でも、口腔内や歯の保清はとても重要です。訪問歯科の存在も訪問看護師になって知りました。皆さん、歯の健康はからだの健康と言っても過言ではありません。 ぜひ、定期検診に行きましょう‼                看護師 篠田