介護をはじめるときに読む本


題でおおよその内容はわかると思いますが、単に介護向けのみの本でありません。人は誰でも死にます。よりよく人生を全うするには現時点での周囲の医療、介護状況を把握する必要があります。加えて自身の今後の方向性をある程度決めておく必要があります。何も考えず流されているだけでは真の幸せはないと断言できます。住み慣れた家に少しでも長く居たい、できれば楽にここで最期まで居れたらいいなと思いの方、是非ご購読ください。約17年、1300名以上の在宅療養者に実際に会いその経験をふまえ書き綴ってあります。まずは将来の不安を少しでも取っ払おうではありませんか。
<幻冬舎>  2015.5発行