訪問看護とは


 看護師(保健師・助産師等)がご家庭を訪問し、療養生活のご相談・お手伝いをしたり、主治医と連携を図り医療的なケアを行ないます。
一般的な内容は、

 

 

  • 健康状態や病状の観察、健康管理の相談やアドバイス
  • 介護方法の指導・介護相談
  • カテーテルの交換や医療器具の管理
  • 褥創(床ずれ)の予防・処置
  • 医師の指示による医療処置(点滴など)

などです。

 その他、人によって必要な援助は様々です。ご相談ください。
よく間違えられるのが「訪問介護」ですが、訪問介護とはヘルパーによる援助です。具体的には 調理や掃除などその方もしくはご家族ができない場合の身の回りのことや体を拭くなどの身体的なことがあります。

訪問看護風景